重いシャッターすぐ電話!!(株)中央シャッター(株)中央テント【https://www.chuo-shutter.com】
(株)中央シャッター(株)中央テント
(株)中央シャッター(株)中央テント
(株)中央シャッター (株)中央テント
東京都足立区綾瀬 6-31-5
TEL:03-3605-0700 FAX:03-3629-1110
E-mail:contact@chuo-shutter.com
1970年創業 出会いに感謝
重要
弊社の事を誹謗中傷する業者にご注意ください。
今は昔、鎧戸の翁といふ者ありけり
「鎧戸(よろいど) の翁」こと、中央グループの創業者・市川文胤(いちかわふみたね) は、「中央」という名前に、ある意味を込めました。古来から言葉には言霊が宿り、言葉通りのことが起こると信じられてきました。言葉を大切にする文胤は、お客様から頼まれる様々な仕事が「中央」に集まるってくるという意味を込めて、会社の名前を株式会社中央シャッターにしました。それからは、「どんな些細な仕事でも喜んでさせてていただきます」という言葉を掲げ、困ったお客様が居ればすぐに対応させていただいております。
 「鎧戸(よろいど) の翁」こと、中央グループの創業者・
市川文胤(いちかわふみたね) は、「中央」という名前に、ある意味を込めました。古来から言葉には言霊が宿り、言葉通りのことが起こると信じられてきました。
 言葉を大切にする文胤は、お客様から頼まれる様々な仕事が「中央」に集まるってくるという意味を込めて、会社の名前を株式会社中央シャッターにしました。
 それからは、「どんな些細な仕事でも喜んでさせてていただきます」という言葉を掲げ、困ったお客様が居ればすぐに対応させていただいております。
全く一から始めた創業時は、シャッターの塗装を専門にしていました。そんなある日、お客様からシャッターの調子が悪いので、ついでに見てもらいたいと相談されたことを切っ掛けに、見よう見まねでシャッター修理を始めることになりました。店舗シャッターの仕事まわりには、テントや看板も付随します。困ったお客様の役に立つには、それらをひっくるめて請け負うことに。そして徐々にノウハウが蓄積され、現在の中央グループが形作られたのです。
 全く一から始めた創業時は、シャッターの塗装を専門にしていました。そんなある日、お客様からシャッターの調子が悪いので、ついでに見てもらいたいと相談されたことを切っ掛けに、見よう見まねでシャッター修理を始めることになりました。
 店舗シャッターの仕事まわりには、テントや看板も付随します。困ったお客様の役に立つには、それらをひっくるめて請け負うことに。そして徐々にノウハウが蓄積され、現在の中央グループが形作られたのです。
今ではどの企業も「持続可能な発展」を口にします。中央グループでは、大量生産大量消費の高度成長期の創業当時から、サステナビリティな事業展開でした。何も無い状態からスタートし苦労を重ねてきたので、少しの材料も無駄にしない倹約精神が社風でした。その気持ちは社内だけでなく、お客様の製品にも向けられました。ちょっと壊れただけで、新品と交換するなど勿体ない。部分的な修理で十分使える製品なのだからと、お客様にもそう提案してきました。それから半世紀が経ち、世の中がサステナビリティを叫ぶようになりました。勿体ない精神がやっと認められる時代になったと、創業者・市川文胤も喜んでいるでしょう。
 今ではどの企業も「持続可能な発展」を口にします。
中央グループでは、大量生産大量消費の高度成長期の創業当時から、サステナビリティな事業展開でした。
 何も無い状態からスタートし苦労を重ねてきたので、少しの材料も無駄にしない倹約精神が社風でした。その気持ちは社内だけでなく、お客様の製品にも向けられました。ちょっと壊れただけで、新品と交換するなど勿体ない。
部分的な修理で十分使える製品なのだからと、お客様にもそう提案してきました。
 それから半世紀が経ち、世の中がサステナビリティを叫ぶようになりました。勿体ない精神がやっと認められる時代になったと、創業者・市川文胤も喜んでいるでしょう。
製品の改善・改良とともに、宣伝文句をひねり出すのも大の得意だった創業者・市川文胤。「重いシャッターすぐ電話」や「どんな些細な仕事でも喜んでさせてていただきます」などのキャッチフレーズは、企業目線ではなく、お客様目線の言葉です。困った人だったらどう思うだろう、という視点からの言葉は、本当に困っている人に届きます。上っ面ではないから、半世紀経った今でも古くささを感じさせないのだと思っています。また、修理のご依頼を度々いただいた案件の改善策から新機軸を編み出して、新たな製品を生み出したのが横引きシャッターです。この機構では多くの特許を取得してグループ会社、㈱横引シャッターを設立しました。生前は名物社長として、様々なメディアからの取材を受けてきました。そのDNA は二代目・市川慎次郎社長にも受け継がれています。
 製品の改善・改良とともに、宣伝文句をひねり出すのも大の得意だった創業者・市川文胤。
 「重いシャッターすぐ電話」や「どんな些細な仕事でも喜んでさせてていただきます」などのキャッチフレーズは、企業目線ではなく、お客様目線の言葉です。困った人だったらどう思うだろう、という視点からの言葉は、本当に困っている人に届きます。上っ面ではないから、半世紀経った今でも古くささを感じさせないのだと思っています。
 また、修理のご依頼を度々いただいた案件の改善策から新機軸を編み出して、新たな製品を生み出したのが横引きシャッターです。この機構では多くの特許を取得してグループ会社、㈱横引シャッターを設立しました。
 生前は名物社長として、様々なメディアからの取材を受けてきました。そのDNA は二代目・市川慎次郎社長にも受け継がれています。

▲