重いシャッターすぐ電話!!(株)中央シャッター(株)中央テント【https://www.chuo-shutter.com】
(株)中央シャッター(株)中央テント
(株)中央シャッター(株)中央テント
(株)中央シャッター (株)中央テント
東京都足立区綾瀬 6-31-5
TEL:03-3605-0700 FAX:03-3629-1110
E-mail:contact@chuo-shutter.com
1970年創業 出会いに感謝
重要
弊社の事を誹謗中傷する業者にご注意ください。
お役立ち情報

強風でテントの破れやシャッターが外れても廃棄は少し待つべき理由

投稿日 : 2020年12月2日 最終更新日時 : 2020年12月2日 カテゴリー : お役立ち情報

テントやシャッターが強風によって破れたり、外れてしまったりしたという経験はありませんか?
そのような状態になってしまっても部分的に補修をすることにより、廃棄することなくテントやシャッターの使用を継続することができることをご紹介します。

強風でテントやシャッターが破損する理由


テントやシャッターが破損する原因の一つに風の影響があります。

地域によって多少時期の差はありますが、季節の変わり目や台風の接近時には普段よりもかなり強い風が吹いたり、突風が吹き付けたりすることがあります。

そのような状況の中で一日中、あるいは突発的な強風に晒され続けることで、テントが破れたりシャッターが外れてしまったりすることがあるのです。

また、風圧だけでなく、強風などによってもたらされる飛来物によってテントやシャッターが破損することもあります。

しかし、テントやシャッターが強風によって破れたり外れてしまったりしてもすぐに廃棄する必要はありません。

なぜなら、強風によって破損したシャッターやテントは補修することができる場合があるからです。

テントやシャッターは故障したらもう使えないわけではない


先に述べたようにテントやシャッターは故障したからといってすぐに今後の使用が不可能だと決まるわけではありません。

故障した部分や状況に応じて適切な修理をすれば、まだまだ使用可能であることも少なくないのです。

例えば、テントの破れであれば破れた部分を補修すれば良いですし、シャッターが外れてしまったのであればはめ直せば済みます。

テントやシャッターは決して安いものではないです。

簡単に廃棄という結論を出す前に、一度修理が可能か検討してからでも遅くはありません。

テントやシャッターを廃棄するときは古くなってから


テントやシャッターは基本的に耐用年数を超え、経年劣化が激しくなったときに廃棄するものと考えてください。

なぜなら、テントやシャッターに起きる故障や不具合のほとんどは補修やメンテナンスで解決でき、継続して使用できるからです。

テントやシャッターを廃棄するのは本体が古くなってきて、補修やメンテナンスが不可能になってからだと覚えておきましょう。

強風で外れたシャッター・破れたテントは業者に修理依頼をする


一口にシャッターやテントの修理といっても、原因や対象となる箇所によって修理方法や必要な道具が異なってきます。

一見簡単そうに見えたとしても、素人には難しい。

そんなことも少なくありません。

修理が難しいと予想されたときはもちろん、修理中においても難しいと感じたら、無理に作業を進めるのではなく、できるだけ早めにプロに相談するようにしてください。

無理に作業を進めると、状況を悪化させる恐れがあります。

プロの業者へ相談するとなると、高額な料金が発生すると思われることが多いのですが、実際はそうではありません。

基本的に対象となる箇所のみの料金となるため、相談料や修理代金が想像以上の金額になってしまうということはほとんどないでしょう。

まとめ

シャッターやテントは強風により破れたり外れたりすることがありますが、補修することで廃棄することなく使用を継続できます。

シャッターやテントについての相談はぜひ当社にお任せください。

▲